安倍晋三首相が、新型コロナウイルスから「自らの身を守る行動を」と警戒を呼びかけた翌日、昭恵夫人が大分県へ旅行に行き、約50人の団体とともに大分県宇佐市の「宇佐神宮」に参拝していたことが、「週刊文春」の取材でわかりました。 そんな昭恵夫人についてや、今回の大分旅行に対してのネットでの声と参加した松久正についてもまとめてみました。" >安倍晋三首相が、新型コロナウイルスから「自らの身を守る行動を」と警戒を呼びかけた翌日、昭恵夫人が大分県へ旅行に行き、約50人の団体とともに大分県宇佐市の「宇佐神宮」に参拝していたことが、「週刊文春」の取材でわかりました。 そんな昭恵夫人についてや、今回の大分旅行に対してのネットでの声と参加した松久正についてもまとめてみました。" >安倍昭恵夫人、宇佐神宮へ"コロナ警戒発言"翌日に参拝!その内容や参加者松久正についても! | Kindトレンド
ニュース

安倍昭恵夫人、宇佐神宮へ“コロナ警戒発言”翌日に参拝!その内容や参加者松久正についても!

安倍晋三首相が、新型コロナウイルスから「自らの身を守る行動を」と警戒を呼びかけた翌日、昭恵夫人が大分県へ旅行に行き、約50人の団体とともに大分県宇佐市の「宇佐神宮」に参拝していたことが、「週刊文春」の取材でわかりました。

そんな昭恵夫人についてや、今回の大分旅行に対してのネットでの声と参加した松久正についてもまとめてみました。

安倍昭恵夫人のwikipedia風プロフィール

名前     安倍 昭恵(あべ あきえ、旧姓:松崎(まつざき))
生年月日   1962年〈昭和37年〉6月10日

出身地    東京都

出身校    聖心女子学院高等科卒業
       聖心女子専門学校卒業
               立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了

経歴     聖心女子専門学校英語科卒業後、電通に入社。(新聞雑誌局で勤務)
       1987年6月に職場の上司の紹介で安倍晋三と出会い、結婚。

意外にも電通に新卒で入社して働かれていたそうです。

社会活動として海外でも多くの活動をされている昭恵夫人の英語力などは聖心女子学院は英語のレベルが高いと言われているので、そこで既に培っていたのかもしれませんね。

安倍昭恵夫人の大分旅行の内容とは

3月15日、昭恵夫人が訪れたのは、全国4万600社の「八幡さま」を束ねる総本宮です。

同日、昭恵夫人は朝7時ごろに宇佐神宮の元宮・大元神社を訪れた後、車で移動し、午前10時半ごろに宇佐神宮へ参拝に行きました。

目撃者の証言によると、「この時期なので境内を歩く人はまばらなのですが、その中で、ほとんどの人がマスクをつけていない団体が境内を歩いていたのです。しかも、よく見ると先頭に立っていたのはノーマスクの昭恵夫人。無警戒さに驚きましたね」とマスク着用もしていなかったことが判明しています。

さらに、大分県の関係者は「最近はコロナ対策で、祈祷の際にも間隔を空けて着席するグループが多いのですが、昭恵さんたちは密着しており、警戒しているそぶりはなかったそうです」と話しています。

このようなことから新型コロナウイルスへの危機感は一切感じられないのは残念です。

安倍昭恵夫人の大分旅行は“神ドクター降臨 in Oitaツアー”

今回の旅行に参加した人はどんな人なのか?

参拝に同行したのは、医師の松久正と松久正氏が主催するツアーの一行だそうです。

”神ドクター降臨 in Oita”と銘打たれたツアーを主催する松久氏は、慶応大学医学部出身で「ドクタードルフィン」「変態ドクター」などと自称し、鎌倉市内で診療所を経営しながら、講演やYouTubeでも活動している人物です。

松久正氏の「診療方針」について、公式サイトではこう説明しています。

〈ドクタードルフィンの超高次元医学(診療)では、薬や手術というものを一切使いません。患者自身で問題(人生も身体も)を修復する能力を最大限に発揮させます〉

新型コロナウイルスについても、フェイスブックでこう述べています。

〈不安と恐怖が、ウィルスに対する愛と感謝に変わった途端、ウィルスは、目の前で、ブラックホールから、突然、喜んで、消え去ります〉

そんな松久正氏率いるツアー一行となぜ昭恵夫人は、宇佐神宮に参拝したのか。

松久正氏に本人は「どこでツアーをお知りになったのかは分かりませんが、昭恵さんから『コロナで予定が全部なくなっちゃったので、どこかへ行こうと思っていたんです。宇佐神宮へは前から行きたかった。私も参拝していいですか』とご連絡をいただきました。ツアーそのものには参加しておらず、参拝だけ合流した形です」と話しています。

そんな松久正氏ですが文春砲をもらったことによりHPは一時的に閉鎖しておりますが、直近のイベントの申し込みやYoutubeへの誘導はHP上でも行っています。

直近のイベントの一つが4月18日「ドクタードルフィン 人類救済・次元上昇オンライン講演会」。

ちなみに文春砲が出て以降、自らのFacebookにて自らの書籍の予約購入などを勧めています。

安倍昭恵夫人の大分旅行へのネットの反応は

申し訳ないけど本当に呆れる発言ばかり。
・花見は写真も出たしこっちも写真出るんだろうね。
・昭恵夫人は頼むからおとなしくしてて…。支持率下がる理由に結構はいってると思う。
・予定がなくなった時点でヤバイと気づいて欲しい。なんで新しく予定を入れちゃうかなぁ。
・自粛の意味本当にわかってる?

ネットは厳しい声が多く挙がっています。

当然といえば当然なのかもしれません。

日本国民としては政府が意識的に自粛に関する要請をしてきているだけで、実際政府ができてないとなれば不満は溜まる一方です。

常日頃から行動を監視されていると言っても過言では無い立場なのですから、しっかりしてほしいと願う一心です。

終わりに

現段階で昭恵夫人の行動について、安倍事務所に書面で事実確認を求めたところ、回答はなかったそうです。

前日には安倍首相が記者会見して、「現状は依然として警戒を緩めることはできません」「感染拡大の防止が最優先」「全国津々浦々、心を一つに、正にワンチームで現在の苦境を乗り越えていきたい」と国民にコロナウイルス対策の重要性を訴えていました。

なぜ側近の昭恵夫人が対応できていないのか。なぜ安倍首相は止めることができなかったのか。

これからもっと色々な情報が出てくると思うので、国民を少しでも納得させれるよう努めてもらいたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください