ニュース

ティアスタジオが倒産して夜逃げ?理由はなぜ?wikiや劇場版映画などについても!

フリーアニメイターの佐藤元さんが、劇場版アニメ制作会社のティアスタジオ未払いの被害を受けたようです。

さらにティアスタジオはやりとりをしていたツイッターのアカウントを削除したようです。

倒産して夜逃げしたのではないかという噂が流れております。

いったい何があったのでしょうか?

今回は本件の詳細に加え、一連の流れの理由やティアスタジオwiki情報、さらに劇場版映画についても調査しました。

それでは詳しく見ていきましょう。

ティアスタジオのwiki情報は?

ティアスタジオのwiki風情報を見ていきましょう。

  • 会社名:ネクストバッターズサークル
  • スタジオ名:ティアスタジオ
  • 設立:2013年3月15日
  • 代表取締役:加藤淳
  • 事業内容:アニメーションの企画と制作

設立は2013年と比較的新しい会社です。

代表作品は下記の通りです。

  • 2017年
    • ラブ米
  • 2018年
    • ロードオブ ヴァーミリオン 紅蓮の王【アスリードと共同】
  • 2019年
    • 劇場版 王室教師ハイネ
    • なんでここに先生が!?
    • フラグタイム

色々作品を出しておりますが、今回のような未払い、ツイッターアカウントを削除するという行為に及んだのでしょうか?

ティアスタジオが倒産して夜逃げ?

まず、ティアスタジオが倒産して夜逃げしたのか?についてですが、言葉そのままが事実かどうは明らかになっておりませんが、少なくとも佐藤元さんへの報酬が未払い、さらにやりとりをしていたツイッターアカウントが削除されたようです。

佐藤元さんはまさかと嘆いております。

生活もかかっていると思いますし、たまったものではないですね。

一方、ティアスタジオに何か事情があったのでしょうか?

ティアスタジオが倒産理由はなぜ?

ティアスタジオの倒産したという情報はありませんが、こういった状況に陥った理由がなぜか見ていきましょう。

作品は色々と出しておりますが、どうも大ヒットというほどではないようです。

恐らくそれほど儲かっていなかったのではないでしょうね。

あまりヒットしていないのに加え、もしかしたら製作費にお金をかけ過ぎたのかもしれません。

また、劇場版アニメ制作が多いようで、そうなると単発の収入となり、安定した収益を上げられないのかもしれませんね。

ティアスタジオの夜逃げ理由はなぜ?

ティアスタジオが夜逃げした理由はなぜかですが、前の見出しと同じで、資金繰りが厳しくなったからだと推定します。

実は11月にティアスタジオが手掛けたフラグタイムというアニメの劇場版BDの販売が中止されました。


時期が時期だけにもしかしたら本件と関係しているかもしれませんね。

ティアスタジオはある程度大きな会社なので、社員のことやお客さんのことを考えると、夜逃げしたくなる気持ちも分からなくはないですが、やはり誠意ある対応を取って欲しかったですね。。。

ティアスタジオの劇場版映画は?

ティアスタジオの劇場版映画を見ていきましょう。

■フラグタイム(2019年11月22日限定公開)

劇場版 王室教師ハイネ(2019年2月16日公開)

ご覧の通り、万人受けするようなアニメではなく、コアなところを狙ったアニメの製作が多いという印象です。

独特の雰囲気ですが、ハマる人もいそうな気がします。

ティアスタジオの倒産と夜逃げの噂についてネットの反応は?

ティアスタジオの倒産と夜逃げの噂についてネットの声を集めてみました。

「アニメ業界では割とよくあること」という情報があるように、アニメ業界は結構厳しいのかもしれませんね。

一方、こういった事案があるので「仕事を受けるときは気を付けるように」という教訓になるという声もあります。

ティアスタジオの倒産と夜逃げについて終わりに

本件については、佐藤さんへの報酬が未払い、やりとりをしていたツイッターアカウントが削除という状況で、ティアスタジオが倒産したという情報は入っておりません。

ただ、お金を払えないくらい深刻な問題であることは間違いないでしょう。

佐藤さんは当然ですが、法的措置も検討しているようですので、今後、本件がどうなるのか?

動向を注視していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください